ホテレス求人ホーム>

求人を探す>

検索結果>

キュナード・ライン(Cunard Line)

キュナード・ライン(Cunard Line)

〒 海外100 Harbour Parade, Southampton, SO151ST, United Kingdom

キュナード・ライン(Cunard Line) ロゴ

Celebrate the Freedom of Travel

会社・施設概要

キュナード・ライン(Cunard Line) 画像

歴史と英国の伝統に彩られた比類ないラグジュアリーなクルーズ体験を提供。

キュナードは150年以上の時を渡り、
世界に誇る女王船でお客様に洗練されたクルーズの旅を提供してきました。

”世界で最も有名なクルーズ会社”が弊社の代名詞です。

歴代の客船から今日の女王船3隻、クイーン・エリザベス、クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリアを含め、キュナードの船は他に類をみないスタイルで世界中を旅してきました。

シャンパン片手に乾杯、クイーンズルームで優雅に社交ダンス、豪華なダイニングルームで味わう最高級料理、多彩なレストランやカフェ、デッキやバーで交わす楽しい会話。

豪華客船での旅の提供に長年の歴史を誇るキュナードで働き、
ご自身の新しい歴史を刻んでみませんか?

  •  
  •  
  • FaceBook
企業情報
会社名 キュナード・ライン(Cunard Line)
所在地
海外100 Harbour Parade, Southampton, SO151ST, United Kingdom
施設名称
施設所在地
設立
資本金
営業内容
会社沿革 ■1840年(天保11年)
1839年に創業者のサミュエル・キュナードは、英国政府との郵便輸送契約を獲得。「イギリス北アメリカ王室郵便汽船会社」を設立し1840年2月6日に1番船「ブリタニア」が進水しました。
英国政府の郵便事業船「ロイヤル・メイル・シップ(R.M.S.)」を冠し、7月4日午後2 時に初の北大西洋横断定期航路へ出発。航路は、リバプール~ハリファックス~ボストンでした。

■1912年(明治45年)
4月10日、ホワイトスター・ラインの「タイタニック」が処女航海でニューヨークへ向け出発。14日の深夜に氷山に衝突し沈没しました。いち早く、キュナードの「カルパチア」が生存者866名を救助。その後1934年、ホワイトスター・ラインは合併され「キュナード-ホワイトスター・ライン」が発足しました。その高品質なサービスは現在のキュナードの「ホワイトスター・サービス」へと受け継がれています。

■1922年(大正11年)
第一次世界大戦では提供した客船20隻を焼失。
1921年には「シシア」「ラコニア」が、1922年5月にはキュナード初の英王妃の名を冠した「ベレンガリア」がデビューしました。11月には「ラコニア」が世界初の世界一周クルーズへ出港。パナマとスエズの両運河を抜ける世界初の航路で、横浜と神戸に寄港しました。

■1936年(昭和11年)
5月、初代クイーン・メリーがデビュー。8月に世界最速記録の称号「ブルー・リボン」を獲得しました。1938年に英女王エリザベス2世の母、エリザベス王妃の命名によりクイーン・エリザベスも進水、「クイーン」の名を冠した客船が続く時代の幕開けでした。1949年には「キュナード・スチームシップ」が発足。当時は船の旅の黄金時代でした。

■1975年(昭和50年)
1月、クイーン・エリザベス2初の世界一周クルーズへ出発。神戸と横浜に寄港しました。横浜では、1日で1万8千人以上もの人が大桟橋へ詰めかけ、ターミナルは何度も入場制限がかかる大変な人気でした。延べ50万人が訪れ、クイーン・エリザベスは夢の豪華客船として日本で広く知られる機会になりました。その後、1982年にフォークランド紛争が勃発。クイーン・エリザベス2も兵員輸送に投入されました。

■1990年(平成2年)
1990年、キュナードは創立150周年を迎え、クイーン・エリザベス2は7月17日に記念の英国周遊クルーズに出発。7月27日、スピッドヘッドで同僚船「ヴィスタフィヨルド」と共に英女王エリザベス2世が出席された観閲式に参列しました。そして1998年にキュナードはカーニバル・グループの傘下になりました。

■2015年(平成27年)
2004年にクイーン・メリー2が、2007年にクイーン・ヴィクトリアが、そして2010年にはクイーン・エリザベス(3代目)がデビュー。2015年に行われた175周年記念式典では3船がリバプールでランデブーし、キュナード・ビルの前で華やかに祝いました。そして2017年秋に4隻目となる新造船計画が発表され2022年にデビューが予定されています。
従業員数
従業員の平均年齢
最寄り駅・アクセス
*